分かる!青汁のポイント

青汁の味は「まずい」と思われがちですが、最近のものはとても飲みやすくなっているようです。

青汁ってなんですか?

青汁と聞くとほぼ9割の人があ~、あの美味しくないやつ…とか罰ゲームでよく飲まされてるあの…とか、とかくネガティブなイメージを持ってますね。

ちなみに広辞苑には、青汁とは「青色の汁」または「生野菜を絞った汁」と記載されています。

青色の汁って飲む前から「まずいっ!」と叫んでしまいそうですが。

ネガティブイメージはそのネーミングにも一因があるような気がしますが最もまずいことを知らしめたのは昔あったCMでしょうね。

まあ、確かに青汁が出回った当初はおよそ美味しいと思えるシロモノではありませんでした。

しかし、時代とともに青汁も色々と進化を遂げてきました。

ただ黙ってまずいまずいと言われ続けたわけではありません。

そして、青汁とひとくちにいってもその原材料によって味わいが違うのです。

これは青汁について解説しているサイト『変わりつつある青汁』でも書かれてあり、その変化を知る事が出来るでしょう。

ケール、大麦若葉、そして明日葉とほぼ三種類にわかれています。

ちなみに元祖と言われる青汁はケールで作られたものでした。